2016
05/09

COMMENTS:
No Comments »

クオリティ・オブ・ライフを優先する勤務先

医療分野の中でも、がん治療においてはクオリティ・オブ・ライフの概念が重視される傾向が見られます。これは、患者の身体的な負担を可能な限り緩和する薬剤や手術方法が適用されることに加え、患者の希望条件を基本としたケアが提供されるのが特徴です。
一例としては、がんの腫瘍を切除した後でも、その後のクオリティ・オブ・ライフを重視して失われた身体機能や容姿に与える影響を加味し、さまざまな再建手術が行われるようになってきています。がん治療の分野でクオリティ・オブ・ライフが大変重要な意味を持つ理由としては、症状の進行や治療の工程で身体的な負担を余儀なくされるケースが多いためです。その結果、全身の倦怠感や嘔吐・食欲不振や呼吸困難などの症状に対し、出来る限り苦痛が緩和できるケアを提供するのが必要となます。がん治療では、手術後の臓器障害や薬剤の副作用に伴う負担を解消するため、専門資格をもつ看護がケアを担当する事が多いです。化学療法や放射線療法に伴う身体的な苦痛を少なくし、患者ががん治療にスムーズに取りくめるように配慮しているのが特徴です。また、看護師は患者とその家族の精神面のサポートを担う必要もあり、重篤な症状に悩む患者や家族の将来の事も考えて、適切なアドバイスを提供する存在ともなっています。
癌患者の人としての尊厳を保ちながらケアを提供する上では、癌治療の分野での臨床経験が豊かであるという条件に加え、多岐にわたる看護知識が必要とされるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です